NBA

2018−2019シーズンのオールNBAが発表!アデトクンボとハーデンが満票で1stチームに!

こんにちは!あぷりんごです。

2018−2019シーズンのオールNBAが発表されました。

今回はオールNBAを1stチームから3rdチームまで紹介していきます。

2018-2019シーズン オールNBA

2018-2019シーズン オールNBA 1stチーム

ヤニス・アデトクンボ(F) ミルウォーキー・バックス
ポール・ジョージ(F) オクラホマシティ・サンダー
ニコラ・ヨキッチ(C) デンバー・ナゲッツ
ジェームス・ハーデン(G) ヒューストン・ロケッツ
ステフィン・カリー(G) ゴールデンステート・ウォーリアーズ

2018-2019シーズン オールNBA 2ndチーム

ケビン・デュラント(F) ゴールデンステート・ウォーリアーズ
カワイ・レナード(F) トロント・ラプターズ
ジョエル・エンビード(F/C) フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
デイミアン・リラード(G) ポートランド・トレイルブレイザーズ
カイリー・アービング ボストン・セルティックス

2018-2019シーズン オールNBA 3rdチーム

ブレイク・グリフィン(F) デトロイト・ピストンズ
レブロン・ジェームズ(F) ロサンゼルス・レイカーズ
ルディ・ゴベア(C) ユタ・ジャズ
ラッセル・ウェストブルック(G) オクラホマシティ・サンダー
ケンバ・ウォーカー(G) シャーロット・ホーネッツ

2018-2019シーズン オールNBA得票数

2018-2019シーズン オールNBA 1stチーム

選手 チーム 1位票 2位票 3位票 ポイント
ヤニス・アデトクンボ バックス 100 500
ジェームズ・ハーデン ロケッツ 100 500
ステフィン・カリー ウォリアーズ 91 9 482
ポール・ジョージ サンダー 71 25 3 433
ニコラ・ヨキッチ ナゲッツ 59 38 2 411

2018-2019シーズン オールNBA 2ndチーム

選手 チーム 1位票 2位票 3位票 ポイント
ジョエル・エンビード 76ers 40 57 4 375
ケビン・デュラント ウォリアーズ 29 71 358
デイミアン・リラード トレイルブレイザーズ 8 87 5 306
カワイ・レナード ラプターズ 73 23 242
カイリー・アービング セルティックス 52 39 195

2018-2019シーズン オールNBA 3rdチーム

選手 チーム 1位票 2位票 3位票 ポイント
ラッセル・ウェストブルック サンダー 1 43 44 178
ブレイク・グリフィン ピストンズ 13 76 115
レブロン・ジェームズ レイカーズ 13 72 111
ルディ・ゴベア ジャズ 1 5 69 89
ケンバ・ウォーカー ホーネッツ 4 39 51

2018-2019シーズン オールNBA投票の仕組み

投票はスポーツライター、ブロードキャスター100人で行なわれます。

1stチーム、2ndチーム、3rdチームそれぞれ各5人ずつポジションごとに投票していきます。

1stチームに選ばれた選手には5ポイント、2ndチームに選ばれた選手には3ポイント、 3rdチームに選ばれた選手には1ポイント付与されます。

合計ポイントが多い選手から選出されます。

投票は100人のメディア

  • ガード・・2名
  • フォワード・・2名
  • センター・・1名

それぞれ1stから3rdまで選手を選出

  • 1stチーム・・5ポイント
  • 2ndチーム・・3ポイント
  • 3rdチーム・・1ポイント

※ポジションは主に努めているもので、複数のポジションで投票さてた場合は、一番得票数が多いポジションに集約されます。

2018-2019シーズン オールNBAまとめ

1stチームに選ばれた、ヤニス・アデトクンボ、ジェームス・ハーデンはともに満票での選出でした。

今シーズンのアデトクンボはチームをリーグ最多勝利で首位獲得に貢献、ハーデンは平均36.1得点と2シーズン連続で平均得点30点超えと驚異的な得点能力でチームを牽引した。

個人的にオールNBAの発表で一番の驚きは、レブロン・ジェームズが3rdチームになったことです。

チームの状態の影響もあったのでしょうがまさか3rdチームとは…。

少しさみしくもなりましたが、1stチームの顔ぶれを観てもヤニス・アデトクンボや、ニコラ・ヨキッチなど“次の時代”のNBAを背負って立つスーパースターが選ばれています。

https://dakedori.jp/nbaalldefense18-19

RELATED POST