気になること

沢尻エリカの初公判|裁判の判決はどうなる?傍聴整理券の倍率は?

沢尻エリカの初公判|裁判の判決はどうなる?傍聴整理券の倍率は?アイキャッチ画像

昨年度末から世間を騒がせている、女優の沢尻エリカさんの初公判が1月31日(金)15時から東京地裁で行われます。

沢尻エリカさんは麻薬取締法違反の罪で逮捕起訴されており、世間の注目度が高いことから裁判行方が気になっている方も多いと思います。

また芸能人の裁判ということで、傍聴希望者の数も多いことが予想されその倍率にも注目が集まっています。

今回は、沢尻エリカさんの初公判、裁判の行方や、傍聴方法、倍率などを調べてみました!

沢尻エリカの初公判|裁判傍聴方法

沢尻エリカさんの初公判は東京地裁で1月31日(金)15時に行われます。

東京地方裁判所 刑事第18部
令和2年1月31日 麻薬及び向精神薬取締法違反 令和元年特(わ)第3055号

初公判を傍聴するためには、傍聴整理券を事前にもらう必要があります。

気になる傍聴整理券は1月31日(金)午前9時30分ごろから日比谷公園内の祝田門付近で配布され11時にしめきられ、抽選になります。

報道各社や、ファンの方など多くの人が初公判を傍聴に並ぶことが予想されます。

沢尻エリカの初公判|傍聴整理券の倍率

沢尻エリカさんの初公判の傍聴整理券の倍率が気になっている方も多いのではないでしょうか。

有名人、芸能人の裁判はいままでも大きな注目を集めてきました。

今まで一番傍聴倍率が高かった裁判は、

  1. 酒井法子 330倍
  2. 松本智津夫(麻原彰晃) 256倍
  3. 清原和博 188倍

松本智津夫元死刑囚の初公判は、約1万2300人の傍聴希望者が集まりました。 傍聴倍率はなんと256倍でした。

酒井法子さんの初公判は6,600人の傍聴希望者が集まり、一般傍聴席が20席と少なかったこともあって、傍聴倍率は過去最高の330倍でした。

清原和博さんの傍聴倍率188倍となっています。

同じ芸能人の薬物での初公判では、ピエール瀧さん60.3倍、KAT-TUNの元メンバー田口淳之介さんが52.7倍でした。

沢尻エリカさんの初公判の傍聴席は約20と予想され、傍聴倍率がどこまで高くなるのか注目を集めています。

 

沢尻エリカさんの初公判ですが、傍聴席は19席だったようです。

19の傍聴席に対し2,229人の人が傍聴整理券を求め長蛇の列をつくりました。

倍率は117で、最高倍率とはなりませんでしたが、世間からの注目の高さが伺えます。

沢尻エリカの初公判|判決の行方

沢尻エリカさんの裁判の結果の予想は執行猶予付きの有罪判決になると予想している人が多いみたいですね。

実際に判決が出るまでには少し時間がかかると思いますが、概ねの罪を認めると予想されますので以外に早く判決が出るかもしれません。

また判決が出たら更新しますね。