気になること

イノサンmusicaleパリ公演が突然中止!女性プロデューサーと中島美嘉ら出演者とトラブルも?

歌手の中島美嘉さんと、Lead・古屋敬多さんがW主演する舞台「イノサンmusicale」パリ公演が中止されることが公式サイトで発表されました。

パリ公演は2020年2月9日から始まる予定だったのですが、公演開始まで1ヶ月を切ったタイミングでの突然の中止発表で物議を醸しています。

今回は、中島美嘉、古屋敬多W主演の舞台「イノサンmusicale」パリ公演が中止になってしまった理由や、あつれきがあったとされる女性プロデューサーは誰なのかを調べてみました。

中島美嘉、古屋敬多W主演の舞台「イノサンmusicale」パリ公演中止理由は?

1月14日、イノサンmusicale公式Twitterにて突然発表された、「イノサンmusicale」パリ公演の中止。

公式発表による公演中止の理由は「諸般の事情」で詳細は明らかにされていません。

楽しみにしているファンが多い中、「諸般の事情」だけでは納得できない方も多いのではないでしょうか。

調べていくと、東京公演(2019年11月29日〜12月10日)前後に、女性プロデューサーと出演者の関係が悪くなってしまったことが関係していそうです。

女性プロデューサーは脚本、演出の方針を一本化することに難航、このことに出演者の一人が、この内容でパリ公演するのは難しいと進言したそうです。

東京公演終了後に、メインキャストの武田航平さん(アラン・ベルナール役)が降板。

その他にも、スケジュール調整ミスや演出に関する連絡ミス、一部の出演者のマネージャーのパリまでの旅費が捻出できないなどキャスト、スタッフからの不満が相次ぎ、数名の出演者が降板を申し出ていたそうです。

「イノサンmusicale」女性プロデューサーは原葵?

イノサンmusicale東京公演終了後、演出家の宮本亜門さんに変わって女性プロデューサーが稽古などを統括していました。

しかし女性プロデューサーに変わってから、稽古の日程管理や脚本がメチャクチャになっていったようです。

公式サイトで女性プロデューサーの名前は発見できませんでしたが、おそらく原葵さんでしょう。

「最終的なものをひきうける立場」「Pが脚本を変えてしまう・・」とありますので、原葵さんがプロデューサーの立場ではないかと予想します。

「イノサンmusicale」パリ公演中止ファンの反応

 

イノサン運営最低だな。

今まで結果論だしと流してきた、これがなければ歌合出れたじゃんて思いが再燃する…諸般の事情って何だよ。

ここまで引っ張ってだんまり貫いて、こんな言葉で終わらせるの?

何よりキャスト陣に失礼だろうが。

 

イノサン、スタッフの人が友達を楽屋に通して俳優に会わせたとかなんとかっていうツイートも出回ってたけど、そういう基本的なところガバガバだったみたいね…

キャストさんは悪くなくて、今回はなんか運営がかなりアレみたいな話は色んなところで聞いたよ…

ここんとこ、ずっとイノサンのことテレビでやってて… キャストに問題はないはずなのに、作品自体が悪いような感じになってて悲しい。

内輪もめなのか知らないけど、そういうことでニュースになるの悲しいよ

どんどん穢されていく気がするよ…悲しい。

いきなりの中止は酷いから全額返金+αじゃない?

この一件の最大の被害者は坂本先生だと思う。

原作が華々しく完結するタイミングでの、イノサンmusicaleの醜態は本当に最悪としか言えない。

被った不名誉な名声は今後も纏わり続けるだろうし。

運営が償うべきは、直接的な利益の問題だけではなくて、関わった全ての人にとっての汚点になった事だよ。

「イノサンmusicale」の原作者や出演者に対する対応に関する不満、中止を発表するのが遅かった件などの意見が多いようですね。

まとめ

イノサンmusicaleパリ公演の突然の中止発表についてまとめました。

運営の対応、女性プロデューサー原葵さんの問題のほか、旅費の返金など解決しないといけない問題がまだまだありそうですね。